読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Somerset::Technology::Memo

ファッションITエンジニア

『女子大生マイの特許ファイル』読んだ

僕は技術者なので,仕事で特許を書くことになる.

例えば,学術論文を書くとき,その分野の論文読みまくることが基本的なこととされる. 俺は様々な理由から特許を読みまくることをしたくない.

ここでは「発明」とは何かとか「特許」とは何であるかとか, 「特許権」や「特許を受ける権利」とかの話とか. ソフトウェア特許とかGNU GPLv3とかの話は書かない. いろいろ書けるほど詳しくない.

特許について調べると,「この会社のこんな技術は実は特許だったんですよ」とかいう話が出てくる. 例えば,この会社の特許はこれだけあって,例えばブラウザで実現するこの機能も実は特許でした!とかぼろぼろ出てくる. この時点で驚きがある. しかし,こういう場で挙げられるものは,特許の中でも比較的利用価値のあるものが多いと思う.

いきなりそんな「すごい発明」ができるわけではないので,やはり訓練が必要だし, 出願のためには,まずはある程度目を肥やす必要がある. ただどうも,どこの何を見ればいいかわからない上に, 法律用語と科学技術用語を含む「独特の日本語」の上に, 出願者のスキルのばらつきもあるようで, 自力だと厳しいことがわかる.

困っていたのでネットをつかって調べていたら, 『女子大生マイの特許ファイル』という本が良いとのレビューを見かけたのでを読んだ. これがなかなか良かった.

ベンチャー企業で働くことを夢見る理系の女子大生が, 弁理士事務所でアルバイトをすることになり, その際に調べた資料について弁理士の先生に説明してもらうという形を取っている. もしドラが流行った時期だからだろうか,表紙やタイトルこそ「もしドラ」風だが, 中に挿絵は一本もなく,ストーリーは本当に説明のためのおまけというくらい.

著者は,弁理士資格を持つ科学技術ジャーナリストとのことなので, 「弁理士が書いた特許に関する本」ということになる. 元々科学技術ジャーナリストをやっていて,その後弁理士資格をとったとのことなので, あとがきには「弁理士」資格の説得力について書いてあった. 僕としては科学技術ジャーナリストが,この本を書いたことに意味があると思ったけどね.

取り扱う題材がすべて良いというのがある. 説明する各トピックに合うように,そのトピックを説明するに十分な発明を取り上げている. 例えば特許について説明するのに,「優秀な発明」を使うのではなく「拒絶された発明」, つまり特許にならなかった発明を使うのもなるほど!という気になった.

その先の事項(例えば「進歩性」について)を架空の発明を使って説明することもできるが,あえて興味を引くような発明を取り上げているのが良い. 北野武堀江貴文孫正義らの発明と効くだけでも興味がわく人は多いだろう. かと思えばiPS細胞や青色LEDについてのこともきちんとカバーしてあり,なかなかの内容. その上,流石科学技術ジャーナリストというだけあって,発明者の方々に連絡をとって取材をしているというのもよい. どういう背景で出願されたのかという話も,理解の助けになる.

また,特許にならなかったものを挙げて,どういう点が問題だったのかとか, ただ発明するだけでは見えない,出願後のプロセスなどもきちんと記述されているので, 一通り知った気になって安心して発明することができる.

あくまでも読み物であり,レビューには入門書であると書かれていたが, 何も読まない場合や,難しい本を読む場合よりもよほど意義深いと思う. 出願書類を書くことは,頭でわかっていても難しいだろうし, 拒絶理由通知の対応は更に難しそうだなぁと思うので,このくらいで.

個人的に気になった点として, あとがきに

保守化している今の日本では、発明やベンチャー企業に興味を持っているマイさん*1のような人は、かなりレアな存在なのかもしれません。

と書いてあったが,学生時代からベンチャー企業に興味を持つ学生の多かった情報系に籍を置いた身としては,そんなことないんじゃないかなぁと思う. まぁ,「保守化=チャレンジをしない」という意味で考えれば,ベンチャーに行こうがどこに行こうがする人はするししない人はしないという感じのような気もしているが.

Amazonのレビューやブクログのレビューがきちんと説明しているのも良かった.

女子大生マイの特許ファイル

女子大生マイの特許ファイル

*1:引用者注:主人公女子大生

id3の編集

gist6279f5c368ae7b435f1d

数年前に取り込んだ単語帳の『DUO3.0』のmp3データについて. Windowsで取り込んだおかげもあり,メタデータが文字化けをしていたり, ファイル名が統一されていないなど散々な状態だった.

last.fmに読み込ませるときに,メタデータの情報が化けているともったいないので修復を試みた..

以下を修正した.

  • ファイル名
  • id3

id3の編集には,id3toolというコマンドラインツールを利用.

ファイル名の先頭に"#{ディスク番号}-#{トラック番号}"というのが付加されていた*1ので, それを抜き出してそのままトラック名に利用することにした.

事前に,

zmv '(*)-(*) (*) (*).mp3' '$1-$2.mp3'

というコマンドを実行して,無駄なタイトルをそぎ落としている*2

またこのファイルの場合,アーティスト名はゆらぎがあるので, lastfmの検索機能を使って,目視で一番利用数の多いものをベタ書きした.

iTunesの機能でファイル名/ディレクトリを補正するというものを利用しているためか, 修正したファイルを読み込ませた瞬間に,前の情報(文字化けしたもの)でメタデータは上書きされ,ファイル名はリネームされてしまった.

この件について根拠はないがid3のバージョンによってスキーマが異なるあたりや,またiTunesへの恨み事の記事が散見されたため,どちらかが怪しいと思い始める.

結局,iTunes の音楽を整理する | Amrtaに書かれていた,tritagというOS XGUIソフトウェアとiTunesを組み合わせて使うことで僕の問題は解消できたので,深追いはしない.

*1:確かiTunesの自動リネーム機能を利用したもののように記憶している

*2:zmvについてはZsh - zmvコマンドで複数ファイルの一括リネーム - Qiitaを参考にした.

強い研究開発のために

強い松尾ぐみのために:研究の指導とステップアップ

"old2"というURIにもあるように「チェック項目」に書いてある技術要素や挙げられている書籍に時代を感じるが, 全体的にかなりしっくり来る内容だなと思った.

何かを語ることはしないけど,時折思い返す必要のあるWebのテキストが増えたことが嬉しい.

『チーム開発実践入門』を読んだ

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)

タイトルでは『チーム開発実践入門』となっているが, 2014年現在,チーム開発で使える便利なツールの使い方と, その根底に流れるやり方に関する本という印象.

買う前に気をつけなければいけないのは, チームでのコミュニケーションに関する話や, モチベーションに関する話, 新たな環境導入する際の上司の説得の仕方や,生産性の高いチームの作り方の話などは載っていない.

しかし,この書籍に書いてあることをキャッチアップして適度に利用するだけでも, よい開発が行えると感じられた.

情報が網羅的に記述されているのが良く,環境構築の足がかりになる一冊だと思う. 書籍を見ながら,コマンドを打っていくだけで, ツールを触ることができるという点でも良い.

実際は,これを運用していくところが難しい気もするが, それはまた別の書籍やWebの情報などでキャッチアップしていけば良い気がする.

毎回Web+DB Pressを購入している方や, モダンな開発環境で仕事ができている方はあまり必要がないと思えるが, 現場を知らない僕にとっては参考になった. 特にリグレッションテストや継続的インテグレーション,継続的デリバリーなどは, 思想もツールも追えて一石二鳥.

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド - 発声練習